しつけの前にミニチュアダックスの習性と本能を知ろう!

スポンサードリンク

ミニチュアダックスのしつけ方法

ミニチュアダックスに限らず、ものをかじったりソファーを掘ったりするのは犬の本能です。

 

決していたずらしているわけではなくて、生まれながらに持った犬の習性です。

 

ですから、いたずらしていると思って、むやみに怒っても仕方がありません。

 

しつけをする前に犬の行動をしっかりと理解して、しつけに役立てていきましょう。

 

 

広いスペースが大好き!

ミニチュアダックスを飼うためのスペース

犬はとにかく広い場所が大好き!

 

ゲージに入れっぱなしにしたり、つないだままだとストレスがマックスになっちゃいます。

 

自由に走り回れるくらいのスペースの確保と散歩はしてあげましょう。

 

ミニチュアダックスは小型犬の中では運動量が多いほうですから、いっしょに遊んであげる時間を飼い主さんが必ず作ってあげましょう。

 

マーキング

ミニチュアダックスのマーキング行為

犬は自分のテリトリーを主張するためにマーキングをします。

 

マーキングとは電柱やガードレールなどに自分のオシッコを少しかけて、自分の場所なんだということをアピールする行為です。

 

マーキングをするのはほとんどの場合オスの犬ですが、まれにメスでもマーキングする犬もいます。

 

オスだと片足を上げてオシッコをなるべく高い位置にかけて自分の優位性をアピールする習性があります。

 

縄張り争いに興味がない犬はオスでも足を上げないでオシッコをする犬もいます。

 

とにかく動くものが大好き!

ミニチュアダックスのマーキング行為

もともとダックスは穴熊を捕獲する目的で改良された猟犬です。

 

動くものを追いかけるというのは、犬の本能ですが、猟犬のダックスフンドは特に動くものに敏感な傾向があります。

 

散歩しているときなどに、小動物や猫など見かけると突然反応して追いかけていくこともあるので注意が必要です。

 

日ごろから犬用のおもちゃなどを投げて、持ってこさせて遊ぶ遊びなんかで、追いかけたい欲求を満たしてあげるのもよい方法です。

 

物があればかじりたい

ミニチュアダックスのがものをかじる

興味があるものはなんでもかじってしまうのが犬です。

 

私たち人間のように手を上手に使うことができないので、手の代わりに口を使います。

 

人間がつかんだり、さわったりする行動が、犬にとって、かじったりくわえたりすることなんです。

 

興味があるものは触りたいのは人間も犬も同じです。

 

ですから、かじられて困るものは犬の届くところに置かないようにしたり、犬用のかじっても良いおもちゃなどを与えて予防するようにしましょう。

 

とにかく何でも嗅いでみる

ミニチュアダックスが臭いを嗅ぐ

犬は嗅覚に優れています。

 

臭いを嗅ぐという行為は犬にとって大切な行為です。

 

臭いを嗅ぐことによってさまざまな情報を得ているのです。

 

食べ残しなどが入っているごみ箱は、犬にとっては宝箱。

 

ドッグフードが基本のワンちゃんは、人間が食べる残飯の臭いは魅力的なんです。

 

ごみ箱は蓋をして遠ざけておくのが、散らかされないための防止法です。

 

振り回したり壊したり

ミニチュアダックスが振り回す、壊す

スリッパやぬいぐるみなどなんでも手当たり次第にくわえては振り回す。

 

ソファーを破ったりクッションを噛みちぎって中身の綿をだしたり。

 

本当に飼い主は大変です。

 

この、振り回したり壊したりする行為は、狩りをするときの行為の名残です。

 

振り回したりする様相はまさに獲物にとどめを刺す行為の現れです。

 

犬用のぬいぐるみやおもちゃを使って、これらの本能を満たす遊びをさせてあげましょう。

 

ダックスは狩猟犬です。

 

小さい体ながら、狩りをするために作られた犬種ですから歯やあごの能力は力強いです。

 

とにかく掘る

ミニチュアダックスが掘る

ダックスはとにかく掘ります。

 

穴が掘れないところでもカリカリ、カリカリと掘ります。

 

じつはダックスのの穴掘りの本能は、穴に逃げ込んだ獲物を捕まえようとしていたころの名残の行為です。

 

ソファーやカーペットを掘って、生地がボロボロになってしまうことも多々あります。

 

あまりにも激しく掘っているときはストレスが溜まっているのかもしれません。

 

そんな時は思いっきり遊んであげたり、散歩に連れて行ってあげて気分転換をさせてあげましょう。

 

吠える

ミニチュアダックスが吠える

吠えるという行為でお悩みの飼い主さんが非常に多いです。

 

犬にとっては、ただ話をしているだけの行為で、コミュニケーションの一つです。

 

しかし、無駄に吠えてしまうダックスが多いのが現状です。

 

しかも、小さい体の割に声が大きいのがダックスの特徴。

 

警戒心が強い犬種なので、自分の居場所を守るために吠えることも多くあります。

 

むやみに吠えないようにしつけをする必要があることは間違いありません。

 

寂しがり

ミニチュアダックスの寂しいお留守番

ダックスは寂しがり屋の子が多いです。

 

一人ぼっちになるのが苦手で、常に誰かと一緒にいたがります。

 

そんなダックスが可愛いのですが、困ることも多々出てきます。

 

お留守番も長時間になるのはストレスです。

 

犬は社会的な生き物です。

 

で家族以外の人や動物とも触れ合いたいと思っています。

 

ですから、お家が広くて走り回っていて運動不足は解消されているとしても、外部からの刺激を受けるためにも散歩は欠かすことができません。

 

狭いところが大好き

ミニチュアダックスは狭いところが大好き

ダックスは狭いところが大好きです。

 

ゲージの中に入れている広い外に出たがるのに、ソファーの隙間やテレビの隙間などに入って行ったり。

 

広いところが好きなのか、狭いところが好きなのかよくわからなくなってきますが、広いところで動き回りたい欲求は非常に強いのですが、狭いスペースのほうが落ち着くという習性があるんです。

 

ダックスは特に狭い隙間や穴が大好きです。

 

もしも、まだダックスのハウスを用意していないなら是非用意してあげて、メリハリのある生活を送れるようにさせてあげましょう。

 

とにかく食べる!

ミニチュアダックスは狭いところが大好き

ダックスはとにかくガツガツ食べます。

 

狩猟犬なので食べられるときに食べるという習性からとにかくよく食べます。

 

お腹がすいていなくても、胃袋に少しでもスペースがあれば詰め込もうとします。

 

ダックスの致命傷は肥満です。

 

腰を悪くして歩けなくなることもありますので、食事の量は飼い主さんがきちんと把握して管理するようにしましょう。

 

 

ミニチュアダックスの本能や習性を理解することが、しつけを成功さえる第一歩といっても過言ではありません。

 

本能や習性を生かしてしつけをすることが大切です。

もしも自分でしつけが難しそうだったら・・

無駄吠え防止首輪人気第1位 ワンブル



どうしようもないくらいに吠えていた愛犬が、ワンブルを使って簡単に泣き止んだという人は購入者の93%が効果を感じています。
飼い主にとって無駄吠えは睡眠を妨げたり、時にはご近所から苦情がきて、大変なストレスになります。
無駄吠えはドッグトレーニングに愛犬を出さなくてもワンブルを使えば、鳴き止ますことができるんです。


>>このサイトの管理人の愛犬 「ライト君」 が実際に利用している映像がありますのでご覧ください。

TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

テレビチャンピオンの 「犬のしつけ選手権」 で2回の優勝経験がある遠藤和博さんが監修している愛犬のしつけ法です。
特に、無駄吠えをたったの2秒で止めることは圧巻としか言いようがありません!
どうしても愛犬が言う事を聞いてくれないときは、プロ中のプロのドッグトレーナーの作った教材に頼ってみてはいかがでしょうか!?
おりこうさんにしつけるために発売されている商品の中でも最善の方法ですね。
愛犬のトイレのしつけに洗えるペットシーツ+ペットタオルの ワンマー
愛犬のトイレのしつけに ワンマー トイレのしつけに特化したアイテムです。
オシッコをどこでもされてしまうのは、飼い主にとって非常にストレスです。
愛犬のトイレのしつけをたったの7日間でしつけることができるというペットシーツとペットタオルです。
顧客満足度が91.2%と非常に高く、口コミで今話題になっている商品です。
愛犬のトイレのしつけで困っている人は試してみる価値有りの商品です。



スポンサードリンク



data-ad-client="ca-pub-2318873742839787"
data-ad-slot="3612402415"
data-ad-format="auto">



 
無駄吠えのしつけ