しつけの基本

スポンサードリンク

ミニチュアダックスのしつけの基本

ミニチュアダックスのしつけの基本

お家にやってきたばかりのミニチュアダックスの赤ちゃんはリビングでおしっこをしてはいけないことも、お家のチャイムが鳴っても吠えてはいけないことも何もわかりません。

 

これからワンちゃんと共同生活をしていく上でのルールが犬にとっての 「しつけ」 です。

 

末永くお互いが幸せに暮らすためには絶対必要な 「しつけ」 を上手く行っていくためにも基本を押さえてしっかりと教えていきましょう。

 

 

しつけの基本

 

一貫性を持って接すること

ミニチュアダックスのしつけの基本

人間社会でもよくあることですが、この人は良いって言ったのにこの人にはダメって言われた・・

 

これって、誰の言うことを聞いていいかわかりませんよね!?

 

ワンちゃんにとっては、益々誰の言うことが正しいのか訳が分からなくなってしまいます。

 

子供に飛びついたら、可愛いと言って遊んでくれたけど、お母さんに飛びついたら怒られた。

 

これでは犬は混乱してしまいます。

 

事前に家族で話し合ってどのようにしつけしたいのかをしっかりと決めておくことが大切です。

 

そして一度決めたことは必ず守るという ”一貫性” がしつけを上手くいかせるコツの一つです。

 

褒めるが基本

ミニチュアダックスのしつけの基本は褒めること

ワンちゃんを良い子にしつけるためには ”褒めて教える” のが基本。

 

「おすわり」 「ふせ」 「まて」 などの指示に従えたら褒めること。

 

偶然でもなにか良いことや好ましいことをしているのを見つけたら褒める。

 

タイミングよく褒めてあげることで、犬は何をしたらよいのかがわかるようになってきます。

 

なるべく叱らない

ミニチュアダックスのしつけでは主導権を握ること

子犬のうちはとにかく暴れん坊です。

 

クッションの綿を引きずり出したり、新聞紙をボロボロにしたり。

 

これは度の犬種でも同じこと。

 

もっと言えば、人間の子供でも同じです。

 

このような行動を抑制するためには、噛んだらいけないものは犬の近くに置かないようにして、噛んでも大丈夫なおもちゃなどを与えておくことです。

 

犬から目を離すときはハウスに入れるなど、予防する方法は飼い主さんの工夫次第でいくらでも見つかるものです。

 

飼い主の工夫次第で防げたものに関しては叱らないようにする。

 

叱る必要のない環境づくりのほうが、しつけはスムーズにできます。

 

飼い主が主導権を握ること

ミニチュアダックスのしつけでは主導権を握ること

犬は家族の中で順位をつける生き物です。

 

犬よりも上位の立場になって主導権を握らないとしつけをすることは不可能といっても過言ではないでしょう。

 

食事をあげたり、散歩に連れて行ったりすることは常に飼い主が主導で行わなければいけません。

 

例えば、おもちゃは出しっぱなしにせずに飼い主が持ってきて遊んであげる。

 

遊び終わりも飼い主が決める。

 

すべての主導権を飼い主が握ることが大切です。

 

犬が遊んでほしそうに寄ってきたら、「おすわり」 「ふせ」 などの指示を出してきちんとできたらご褒美として遊んであげると良いです。

 

怒ったような態度で犬と接するのはよくありません。

 

あくまでやさしく楽しく遊んであげてください。

 

しかし、決めるのは飼い主という毅然とした態度で犬と接するようにしましょう。

 

おねだりされても無視すること

ミニチュアダックスのおねだりは無視しよう

「おなかすいたー!」 「散歩にいきたーい!」 なんていうおねだりは犬としては当然。

 

可愛く見えるおねだりですが、これをいちいち聞いてあげることはしつけをする過程ではマイナス要素です。

 

おねだりで吠えて訴えますが、これは完全に無視すること。

 

吠えても鳴いても望みが叶わないと思えば自然とそういう行動はとらなくなります。

 

犬も学習するんです。

 

困った行動をとったときは!?

ミニチュアダックスの困った行動

ごみ箱をあさったり、散歩中に拾い食いをしたり、こういう場合は犬を別のことに意識をひきつけましょう。

 

「あっ!」 と声を出したり、手をたたいたりして自分や別のものにひきつけましょう。

 

その場しのぎではあるけれど、困った行為を回避することができればオッケーです。

 

その後は困ったことを起こさない環境づくりをすることと監視の目を強化して犬に気を配ることです。

 

犬は楽しいか楽しくないか、損か得かで行動する生き物です。

 

飼い主が口でダメダメと言ったところでなかなか伝わりません。

 

信頼関係を築くために

ミニチュアダックスと信頼関係を築くために

犬は大好きな飼い主の言うことなら、言うことを聞きたくなるものです。

 

犬との信頼関係を築くには、日常生活の中で食事や散歩、遊んであげたりとできるだけワンちゃんと接することが大切です。

 

たっぷりと愛情を注いで、楽しいことをたくさん共有してワンちゃんを守ってあげることが大切です。

 

 

しつけの基本記事一覧

ダックスのほめ方とごほうびの与え方

ミニチュアダックスのほめ方にはコツがあります。ワンちゃんのやる気を引き出すほめ方やご褒美の与え方をしてより効果的なしつけをしていきましょう。「ほめ言葉→ご褒美」の順番犬は最初は褒められていてもなにがなんだかわかりません。褒められる=良いことということを理解できないので、おやつなどのご褒美と合わせ技に...

≫続きを読む

 

もしも自分でしつけが難しそうだったら・・

無駄吠え防止首輪人気第1位 ワンブル



どうしようもないくらいに吠えていた愛犬が、ワンブルを使って簡単に泣き止んだという人は購入者の93%が効果を感じています。
飼い主にとって無駄吠えは睡眠を妨げたり、時にはご近所から苦情がきて、大変なストレスになります。
無駄吠えはドッグトレーニングに愛犬を出さなくてもワンブルを使えば、鳴き止ますことができるんです。


>>このサイトの管理人の愛犬 「ライト君」 が実際に利用している映像がありますのでご覧ください。

TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

テレビチャンピオンの 「犬のしつけ選手権」 で2回の優勝経験がある遠藤和博さんが監修している愛犬のしつけ法です。
特に、無駄吠えをたったの2秒で止めることは圧巻としか言いようがありません!
どうしても愛犬が言う事を聞いてくれないときは、プロ中のプロのドッグトレーナーの作った教材に頼ってみてはいかがでしょうか!?
おりこうさんにしつけるために発売されている商品の中でも最善の方法ですね。
愛犬のトイレのしつけに洗えるペットシーツ+ペットタオルの ワンマー
愛犬のトイレのしつけに ワンマー トイレのしつけに特化したアイテムです。
オシッコをどこでもされてしまうのは、飼い主にとって非常にストレスです。
愛犬のトイレのしつけをたったの7日間でしつけることができるというペットシーツとペットタオルです。
顧客満足度が91.2%と非常に高く、口コミで今話題になっている商品です。
愛犬のトイレのしつけで困っている人は試してみる価値有りの商品です。



スポンサードリンク



data-ad-client="ca-pub-2318873742839787"
data-ad-slot="3612402415"
data-ad-format="auto">



 
無駄吠えのしつけ